スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題「いい加減アニメ記事書け」その2

管理者アイコン
管理人「と言う訳で本日の更新です。あ、今から昼休み30分です。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「どう考えても遅すぎです。。」

管理者アイコン
管理人「イラスト作業頼まれてやってたら軽く7枚分終わらすのに、7時間かかった罠。」

千穂
千穂「帰ったら、オフレポは作るそうなので一昨日の続きです。」

管理者アイコン
管理人「とりあえず、キルラキルとかWUG!見ながら書きまする。んじゃランキング行きます。まあ分かってるでしょうけど。」

第2位
佐々木千穂(はたらく魔王様!)
51FFGu2pMCLAA300.jpg

管理者アイコン
管理人「あ、ちーちゃんこと家の看板娘の一人です。理由は、「可愛い」性格も含めて隙がないのです。というかこんなJK居ねえよ・・・」

千穂
千穂「きっと、探せば居ますよ。◯ク◯◯ルドでアルバイトしてる子当たれば。」

管理者アイコン
管理人「いや、まずあり得ないでしょ。こんな出来る上に可愛い子見た事無いよ。。」

千穂
千穂「真奥さんに言われれば嬉しいけど、何かなー。。」

管理者アイコン
管理人「はいはい、私はお呼びじゃありませんよーだ。。という訳で栄えある1位は」

第1位
鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)
140222_1613~01

管理者アイコン
管理人「まあ、信者ですから。喜んで契約させてくださ(殴」

ほむら
ほむら「とりあえず、◯んで」

icon_madoka-kakou.png
まどか「分かっては居ましたけど理由は?」

管理者アイコン
管理人「神様、仏様、まどか様。まどっちと会わなかったら多分このブログ無かったよ。まあミー◯さんのシ◯ォン愛と似た様なもんでしょ。」

ほむら
ほむら「というか、これ以上書くと脳内べた惚れ丸出し文章の垂れ流しになるし、もうすぐ30分だから締めたら?」

管理者アイコン
管理人「せやね。という訳で1位は看板娘の一人まどっちでした。とりあえず仕事戻る。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「ってもう30分しか就業しないでしょうけどね。どうせ残業無いでしょうし。」

管理者アイコン
管理人「ま、ぐーたらしながら時間つぶしますわ。」

続く



スポンサーサイト

予定は未定

管理者アイコン
管理人「はーい。今日の更新です。」

管理者アイコン
管理人「昨日の続きと見せかけて、別記事です。あ、オフレポはまだ出来てないで。昼休み30分切ってるからちゃっちゃと書くで。」


icon_madoka-kakou.png
まどか「?何かあったんですか?」

管理者アイコン
管理人「んーとね。簡潔に言うと再来月に職場変わる(転職する羽目になる)模様。」

千穂
千穂「はっ?!どういうことですか?いきなり過ぎません!?」

管理者アイコン
管理人「いまの会社って規模縮小くり返してた様な所だから、若い衆の面倒見てる余裕無いんだとさ。後は、先週の金曜日の揉め事が原因。オフ参加者の人には簡単には話したけど。」

貞夫
真奥「大丈夫なのかよ!?次は?!」

管理者アイコン
管理人「えーとね。実はいまの会社紹介してくれた人から◯日◯◯◯って有名な会社のグループ企業の紹介受けてて、3月前半にすぐに面接らしいし正社員雇用らしいからそっち受けようかなと思ってる。」

管理者アイコン
管理人「まあ、急だけど仕方ないよね。一応まだ試用期間中だったし、遠いし終わる時間遅いし、金にならんし試用期間クッソ長いし。将来的には社畜じゃなくてフリーで稼ぎたい人間だから別に無問題。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「何か。結構楽観的ですね。。」

管理者アイコン
管理人「いまのご時世終身雇用なんて、夢のまた夢さ。とりあえず、期間一杯まで適当に過ごして自分の活動に時間宛てたいね。近況は追って連絡するかも。」

千穂
千穂「だ、大丈夫なのかな・・・」

管理者アイコン
管理人「なる様にしかならないよん。あ、昼休み終わるので本日の更新はここまでです。という訳でまた明日。」

続く

閑話休題「いい加減アニメ記事書け」

管理者アイコン
管理人「ぱちすローゼンオフはまだ取りまとめてる最中なので、単発記事をお送りします。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「というか仕事の昼休み中に更新してる辺り、意地でも毎日更新する気ですね。」

管理者アイコン
管理人「言ったらやる。男は引いたら終わりなのよ!」

千穂
千穂「はいはーい。その労力もっと別の事に使えと言いたくなりますけど。アニメカテゴリにランキング登録してるのに、アニメ関係の記事一回も上げてない事に今更気づいたんでしたっけ?」

管理者アイコン
管理人「うん。何か雑記ばっかだよね。本当に。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「えーっと今回は、管理人さんが大好きなアニメ漫画ヒロインキャラベスト5をお送りします。」

ほむら
ほむら「何なのよ。。この誰得記事。。。」

管理者アイコン
管理人「うるさいわ!休憩一時間の間に出来るネタと言ったらこれしか無かったんだよ!少しでも皆様の好きなキャラクターが居て共感して頂ければ幸いです。という訳ランキング開始!」



第5位
ミルフィーユ・桜葉(ギャラクシー・エンジェル)

ishot-34_ReSize.jpg

管理者アイコン
管理人「地味に昔の作品ですがパチ化もされてるGAからミルフィーことミルフィーユ・桜葉さんがランクインです。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「理由は、天然キャラでアホ可愛い。頭お花畑。スタイルが好み。ある意味オタに走るきっかけの作品だったからだそうです。」

千穂
千穂「なんて言うか、地味に褒めてない辺りが。。」

管理者アイコン
管理人「まあ、そういうキャラですから、新谷良子さんの声もマッチして好きだったんだよなぁ・・・いまじゃミルキーホームズに取って変わられてGAがオワコン化しちゃったのがマジで残念。」

ほむら
ほむら「時の流れって残酷ね。。」

管理者アイコン
管理人「お前が言うな。」



第4位
佐天涙子(とある科学の超電磁砲)

21.jpg

icon_madoka-kakou.png
まどか「という訳で、第4位はとある科学の超電磁砲から佐天涙子さんがランクインです。」

管理者アイコン
管理人「実際、超電磁砲のキャラは嫌いなキャラほとんど居ないから悩んだよ。ビリビリさんも黒子も初春も好きだしね。」

千穂
千穂「理由は、奇麗な黒髪が大好きな点と逆境にもめげない明るい性格。健康そうな体。伊藤かなえさんの声のマッチ具合などだそうです。」

ほむら
ほむら「私も、黒髪ロングよ。時代はやっぱり黒髪ね。」

管理者アイコン
管理人「あ、別にあなたは結構で(銃声」


第3位
ティファ・アディール(機動新世紀ガンダムX)

f0066124_2474570.jpg

千穂
千穂「機動新世紀ガンダムXから、ティファ・アディールさんがランクインです。」

管理者アイコン
管理人「作品が好きなのもあるけど、ガロードとの淡い関係が本当に良い。胸焼けするけど良い。やっぱりボーイミーツガールって最高やなって感じる。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「なんか、本人単体というよりガロードさんとのセットで評価が上がってるって感じですよね?」

管理者アイコン
管理人「そうだね。ガロードみたいな真っすぐな性格で一途な男の子とその思いを受けてどんどん恋い焦がれて行くティファの関係は、最近のアニメ作品と違ってきちんと描写されてるから良い。ティファ単体だと最初は不思議ちゃんなだけなんだけど、ガロードと交わって行くことで成長して女性らしくなっていく姿は、本当に一見の価値が有る。まどっちも人間に戻ったらこういう真っすぐな少年とお付き合いしてね。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「は、はぁ・・・。。」

ほむら
ほむら「駄目よ!まどかは私と(むぐ」

千穂
千穂「(ほむらの口を抑えながら)ですよねー。私も真奥さんと関係進展させたいなー♪」

管理者アイコン
管理人「あ、昼休みの時間過ぎてもうた。。という訳で次回に1位と2
位は次回にまわします。まあどうせ分かってるでしょうが。。」

続く












第2回「ぱちすローゼン主催まどか☆マギカデッドリーレース」前半第一部

――前書き

管理者アイコン
管理人「と言う訳で第2回目更新!更新!」

icon_madoka-kakou.png
まどか「リンク先でもあるぱちすローゼンミークさんが主催するオフ会に管理人さんが参加してまいりました。」

千穂
千穂「今回は、実家のある北海道に帰っちゃうパチスロぼっち旅の管理人のしゃたろー君のお見送り会も兼ねてますね。」

管理者アイコン
管理人「とりあえず、自称イケメンのミークさんイメージ図(15分)で描いてみた。構図も何も考えてないけどね。」

image01.jpg

千穂
千穂「・・・・・なんか、物凄く盛って描いてません?」

管理者アイコン
管理人「まあ、美化して描いたけど。良い人だから気にすんな。直ぐ迷子になるけど。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「それはいいとして、髪型といい年齢と言い、髪の色と言い私と瓜二つの人物が後ろに居るんですが。」

管理者アイコン
管理人「まあ、あの人の嫁らしいからついでに描いただけ。ちなみにまどっちの方が後出しだけどな。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「・・・うーん。でも何故かミークさんってさやかちゃん好きなんですよね。」

管理者アイコン
管理人「性格がシフォンとまどっちじゃ全然違うからなぁ。1周目の調子乗ってた頃のまどっち(本編10話参照)なら少しは似てる気もするけど。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「別に調子に乗ってません!何で声優さんのコメントそのまま鵜呑みにしてるんですか!?矢で頭射抜きますよ!?」

千穂
千穂「まあまあ。。まどかちゃんもそんなにぷんぷんしないで。。」

貞夫
真奥「そういえば、しゃたろー君のイメージ図は?」

管理者アイコン
管理人「・・・今の自分には彼の髪型は上手くかけない。というか最初描いたら完全にリーゼントになってしまってワロタ。」

ほむら
ほむら「いや、あの髪型はリーゼントには程遠いでしょ・・・・。」

管理者アイコン
管理人「自分の実力不足ですのよ。。写真ないと思いだしながら描くから上手く行かないのですよ。。。」

――本編・前半その1

貞夫
真奥「内容は、、、スロット魔法少女まどか☆マギカ全ツッパ大会?!大丈夫なのかよ!?これ!」

ほむら
ほむら「完全に自殺志願者の集まりみたくなってるわね。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「・・・ほむらちゃん自分が出てるのにそれ言うの?」

ほむら
ほむら「あの中(スロット)の私もどれだけワルプルギスの夜にビルぶつけられてるか分かったもんじゃないし、あの中(スロット)の私って「諦めたらそこで終わりよ!」とか言いつつ諦めるのに定評が有るというか、いさぎが良いというか?」

管理者アイコン
管理人「・・・何か別人がやってるみたいな言い方は良いから、お前はまず2回目必ず耐える事を目的にしろや。」

ほむら
ほむら「あーあー聞こえない。」

千穂
千穂「はいはーい。話を本筋に戻しますよ。と言う訳で朝8時半~朝9時に毒林檎こと「ビッグアップル秋葉原店」に集合して抽選を受ける予定だったんですよね?」

管理者アイコン
管理人「朝起きたらすでに6時40分で焦って準備したせいで、ミークさんに渡すローゼンカレンダー忘れる大失態やらかしたからな。」

ほむら
ほむら「前もって準備位しときなさいよ。このボンクラ。」

管理者アイコン
管理人「後で、住所聞いて郵送するからドンマイと。」

貞夫
真奥「えーっとこの時点で13名か。うに食いたいさんが飛び入りで参加してきたんだっけ?」

管理者アイコン
管理人「うん。まさか来るとは思ってなかったし、ちゃんと挨拶も出来なかったから次は色々お話ししたいね。カルピスご馳走様でした。」

ほむら
ほむら「まあ、前半だけだったから致し方ないんじゃない?」

管理者アイコン
管理人「次は、ただ駄弁るだけの機会が有っても良いかもね。自分もだいぶスロットは懲りたし。」

千穂
千穂「今更感じてるんですか。まどかちゃんに25万以上も持ってかれる前に気付きましょうよ。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「何か私が悪役みたいな言い方してますけど。自己責任ですからね?」

貞夫
真奥「とりあえず、死をも恐れぬ集団という意味では魔王軍に入れたい位だな。」

ほむら
ほむら「死の意味が全然違うけど・・・・。。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「そういえば、しゃたろー君が変なTシャツ着てきませんでした?」

千穂
千穂「ああ、これですね。噂に違わぬロリコン変態ですよね。本当に。」

syataro-.jpg


管理者アイコン
管理人「流石の自分もまどっち抱き枕買おうかと思って自重したのに。流石はしゃたろー君。」

↓抱き枕
64576.jpg

ほむら
ほむら「むしろ、抱き枕は私が欲しいわ。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「・・・・(ドン引き)」

貞夫
真奥「・・・変態自慢は良いから、次行こうよ・・・。。」

管理者アイコン
管理人「各御人なかなか濃いお方ばかりでした。群馬から来たぼすけてさんなんて前日入りですし。同じ群馬のモトさんは新幹線使うとか・・・。。ぷりぷりさんは、愛知から車を夜中に飛ばしてくるとか事故る気満々ですかと言いたいレベル。あ、お土産ごちそうさまでした。」

貞夫
真奥「他にもだいぶファンキーなかっこしてきたファッションモンスターさんとか、メカ沢さんも見た目は普通だったんだけど中々スロ中毒な方でしたし。」

千穂
千穂「後、Shakeさんもぱっと見は普通の若者って感じなのに結構なオタでびっくりしましたね。みーたんさんもメガネが似合う好青年でしたが、色んな意味で濃い方でしたね。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「よく、しゃたろー君のブログで意図的に省かれてるみずにんさんにも会えましたね。」

ほむら
ほむら「意図的というか、バレバレよね。」

管理者アイコン
管理人「まあ、結論から言うとファッションモンスターさんが言ってたけど、皆、変人だよね。まともな人はもうスロットやらないし。」

icon_madoka-kakou.png
ほむら
貞夫
千穂
まどかほむら真奥千穂「お前が言うな!!」

管理者アイコン
管理人「抽選では、82番引いたんだよね。一部の人を除いて余裕で座れる番号が多かったのが良かったね。」

貞夫
真奥「じゃあ、稼働内容に行こうか?」

管理者アイコン
管理人「ストップ。今日の更新はここまで。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「えー!ここまで引っ張って止めるんですか?!」

管理者アイコン
管理人「画像は、全部メールサーバーに送ったけど整理しきれてないんでね。今回も合わせて前編その2・後編の三部作でお送りします。」

ほむら
ほむら「私の大活躍も見られるから期待して見るのよ。」

管理者アイコン
管理人「何、嘘言ってんのおま(銃声」

千穂
千穂「と言う訳でお後が宜しいようですので、また次回お会いしましょう♪」


続く

第2回と見せかけて単発更新

管理者アイコン
管理人「という訳で第2回目更新・・・・・と見せかけて、本編は今日か明日に更新しますのです。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「・・・・・毎日更新って触れ込み早速、崩壊してるじゃないですか・・・。。」

管理者アイコン
管理人「いや、、、プライベートでいろいろ有りましてね。仕事とか仕事とか(ry」

管理者アイコン
管理人「それに、今ネカフェなんで画像編集やら準備がいろいろと出来ないのですよ。」

千穂
千穂「何で途中で降りて、ネカフェ行ったんですか?」

管理者アイコン
管理人「遊びたいから。」

千穂
千穂「・・何ていうかオール明け後なのに、本当に元気ですね。。。」

管理者アイコン
管理人「リンク先の「ぱちすローゼン」ミークさんのオフ会行ってきたから後ほど細かい事はあげるよん。」

管理者アイコン
管理人「では、ネカフェ退室時間だからアディオスですの!」


続く

という訳で第一回目ですの。

と言う訳で、まともな初更新です。

ここから会話劇風に、ブログの目的について話していきたいと思います。

・イラストとかの創作関係が多くなると思われる。

管理者アイコン
管理人「色々練習してる関係も有って絵のラフ毎日垂れ流すかもしれません。まずはラフ1000枚練習ですね。後、このアイコンはブログ見切り発車のため、公式(うめ先生のTwitterアイコンを加工したもの)とか借り物ですが、全て自作に後ほど差し替えます。ちなみにテンプレートも真っ白なのは、トップ絵制作中の為です。味気なくてすみません。」

貞夫
真奥「まあ、上手い下手は気にせず馬鹿やってんなと思ってくれれば助かる。たまにはどう描いたかとか載せるかもしれんし。」

千穂
千穂「昔から、絵自体は好きだったみたいですけど。ようやく少し本気になったみたいですね。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「学生の頃からやってればって、後悔してる本人が居ますが責めないで下さいね。」

管理者アイコン
管理人「さくっと、心の傷抉られたよ。まどっち・・・・・」

管理者アイコン
管理人「一応、カミングアウトしておくけどデザイン系学校出身なんやで!」

icon_madoka-kakou.png
まどか「学費自腹だからって、ケチって二流学校行った上に卒業制作以外、バイトとか適当に過ごしてた人が言っても説得力無いです。」

管理者アイコン
管理人「うぐぅ」

千穂
千穂「1年時は真面目にやってたのに、就職活動で心折れて一気にぐれた人が言ってもねぇ。。」

貞夫
真奥「それでも、就職して本に携わった仕事してるんだから案外人生どうにかなるもんだよな。」

管理者アイコン
管理人「・・・・みんな酷いよ。酷すぎるよ。。。うわーん(泣」

icon_madoka-kakou.png
まどか「あ、逃げちゃった。」

貞夫
真奥「まあ、ほっとけばその内戻って来るから先に話進めるか。」

千穂
千穂「そうですね。」


・アニメコミックレビューも有るよ

貞夫
真奥「ちなみに、管理人曰く去年一番面白かったのは俺達が出てる「はたらく!魔王さま」だそうだ。」

千穂
千穂「“設定とか話の作りも、ファンタジーと現実を上手い事コメディタッチでまとめて有って本当に面白かった”だそうです。」

千穂
千穂「初回なのでまあ細かい話は後でみたいですけど。」

貞夫
真奥「まあ、言われて悪い気はしないかな。。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「ちなみにワーストは、「革命機ヴァルヴレイヴ」だそうです。」

varu20130412.png
ハルト「ずーん。。。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「あれ?いつからそこに居たんですか?」

千穂
千穂「最初から居ましたよ。ただ台本読んでずっと凹んでましたけど。」

貞夫
真奥「まあ、分割2クールであれじゃなあ・・・・。サ○ラ○ズもかなり被害受けたみたいだし。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「お金を掛けて、水樹奈々さんとT.Mの西川さんのコンビ曲をOPに使ったりしたのに本当に散々でしたもんね。」

千穂
千穂「素材が良くても、調理の仕方が悪いと本当にダメになるんだって作品の典型だったよね。」

varu20130412.png
ハルト「」

icon_madoka-kakou.png
まどか「あ、あれ言い過ぎちゃったかな。。ハルトさんもの凄い凹んでますけど。。」

千穂
千穂「そんなんだから、大好きな幼馴染さんに思いも伝えられず、くたばっちゃうんですよ!」

貞夫
真奥「言いすぎだよ。。ちーちゃん。。」


・たまにはスロット稼働もあるかも

千穂
千穂「相変わらず、負けゲームが基本なのにやってるみたいです。」

貞夫
真奥「ただ、1月にライダーさんから10万位ぼったくってまどかちゃんに16万ぼったくられたんだってね。あー2月入ってからも合わせるとトータルで20万位やられてるみたいだから必然的にスロットの遊戯は減るとは思うけど。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「別にぼったくってないです!天井狙いとか私達のソウルジェムが穢れるのを願ってやるから悪いんです!」

千穂
千穂「いや、それ狙わないとそもそも勝負にならない仕様じゃない。。」

貞夫
真奥「1月はライダーさんと化物語少し触れただけで、それ以外はまどかちゃんとずっと戯れてたみたいだな。」

千穂
千穂「本人曰く、まどか☆マギカ無くなったらスロット引退らしいですね。」

貞夫
真奥「まあ、本人もスロット稼働減らす為にこのブログ立ち上げたのが目的らしいし。本来やりたかったイラストの勉強とかそっちにウェイト置く為に作ったみたいだしな。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「4年もやってるのに、そう簡単に辞められるのか。甚だ疑問ですけどね。」

千穂
千穂「年々行く頻度はかなり減ってるみたいですけどね。色々買いたい物も多くて貯金も少しずつしてるとか。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「でも、当面は私達には会いに来てくれるみたいですから、たっぷり次の映画用の費用回収させて頂きますけどね。ティヒヒww」

貞夫
真奥「・・・・基本純粋な良い子なんだけど、たまに黒い部分でるよね。まどかちゃんって。。」

千穂
千穂「そうですね。私は結構思ってる事その場でズバって言う所ありますけど。彼女溜め込むタイプですもんね。。」

・まどか☆マギカ多め?

icon_madoka-kakou.png
まどか「前の項でも出てきましたが、管理人さんがハマってる関係で、私達の記事が多めになるかもしれません。私達の展示会のチケット買われたみたいですし、BDも予約するみたいですし♪」

ほむら
ほむら「まどか本人以外の4人(5人?)に興味が無いという極端な人間だから極端な記事多めかもね。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「あ、あれ?ほむらちゃん今までどこに居たの?きゃっ!」

ほむら
ほむら「ふふふ。。まどか居る所に私アリよ。。。」

千穂
千穂「完全にストーカーですね。」

貞夫
真奥「恵美も別の意味で相当なもんだけど、アレはヤバいな。。。」

管理者アイコン
管理人「ただいまー、、って・・・あぁん?!お前なんか呼んでねーんだよ!どっから沸いてきやがったんだ!この○魔!」

ほむら
ほむら「さりげなく映画のネタばれしてんじゃ無いわよ。このボンクラ。」

管理者アイコン
管理人「つうか、ちゃっかりまどっちに抱きついてんじゃねぇよ!!お前のおかげでまどっちがレズ疑惑持たれんじゃねーか!!!」

ほむら
ほむら「何を今さら言ってるのかしら、公式も同人も私とまどかを一緒に描くセットが多いのは仕様よ。」

管理者アイコン
管理人「俺は、百合そこまで好きじゃねーんだよ!!つーか場所変われ!」

ほむら
ほむら「桜Trick見てる人に言われたくないわ。」

管理者アイコン
管理人「あ、あれは絵が何となく好きだから見てるだけや!!」

ほむら
ほむら「世の中、下手に男のキャラが目立つより、女の子しか目立たない方が売れるって物よ。」

貞夫
真奥「何か、今の言葉俺に対する当て付けとも聞こえるんだが・・・」

千穂
千穂「真奥さん気にしちゃダメですよ。そもそも私達の作品は恋愛ありきな所がありますから、まどかちゃん達の作品と比較するのは無粋な物ですよ。私もそっちの気は無いですし。」

管理者アイコン
管理人「流石、ちーちゃん分かってる。」

ほむら
ほむら「佐々木千穂・・・。。貴方も良く遊佐恵美や鎌月鈴乃とよく触れあってる癖に・・・。。」

千穂
千穂「いや、あなたとはベクトルが違いすぎますし。・・・・それに真奥さんが一番ですし(ぼそ」

貞夫
真奥「ん?ちーちゃんどうしたの?」

千穂
千穂「・・・いえ、何でもありません。」

管理者アイコン
icon_madoka-kakou.png
ほむら
管理人・まどか・ほむら「(本当に鈍感だなあ・・・この魔王)」

icon_madoka-kakou.png
まどか「あのー。。喧嘩は辞めてよう。。。」

千穂
千穂「そろそろ、止めた方が良いんじゃ。。真奥さん。」

maou_icon_satan.png
真奥(サタンver)「んー。尺取りすぎだし、止めてくるか。。」

管理者アイコン
管理人「このまな板女!」

ほむら
ほむら「っ・・・。三日坊主男の癖に!どうせこのブログも三日坊主になるんでしょ!」

管理者アイコン
管理人「うるせぇ!今回はやると決めたから引かねえんだよ!見てろよこのレ・・・ゲフっ」

maou_icon_satan.png
真奥(サタンver)「はーい。そこまで!」

ほむら
ほむら「魔獣!?何でここに魔獣が!?」

icon_madoka-kakou.png
まどか「・・・ほむらちゃんなんで中途半端にボケてんの。。」

千穂
千穂「いい加減、締まらないから真奥さん罰を与えちゃって下さい。」

maou_icon_satan.png
真奥(サタンver)「あいよー。ってまどかちゃんも巻き込んじゃうけど。」

千穂
千穂「元凶と言えば、元凶だから良いんじゃないですか。それに最強の魔法少女だし巻き込まれても大した事無いかと。」

icon_madoka-kakou.png
まどか「ちーちゃん酷いよ!あんまりだよ!ちょ・・・っと、ほむらちゃん離し・・・」

ほむら
ほむら「まどか・・・私、あなたと一緒なら怖いものなんて無いわ!」

icon_madoka-kakou.png
まどか「そーいう問題じゃない!」

maou_icon_satan.png
真奥(サタンver)「ごめんなー。ちーちゃんもあー言ってる事だし。ちょっとビリビリする位だからさ♪」

icon_madoka-kakou.png
ほむら
まどか・ほむら「いやぁああああああああああああああ!!!!!!!」

————

千穂
千穂「という訳でエンディングです。」

管理者アイコン
管理人「うーん。。うーん。。ってもう終わり!?」

千穂
千穂「飛び出したり、余計な喧嘩したりしてるからですよ。」

管理者アイコン
管理人「・・・・それはそうと何か二人が黒焦げになって気絶してるんだけど。。」

貞夫
真奥「久々に変身して力使ったら制御効かなくて・・・・。。。」

千穂
千穂「まあ、魔法少女だからほっとけば治ると思いますよ。」

管理者アイコン
管理人「ちーちゃん意外とキツいな。」

貞夫
真奥「まあ、今回は挨拶って関係で主旨説明がメインだったけど。次回からは通常更新雑記メインになると思う。」

管理者アイコン
管理人「というか貞夫君、俺の台詞全部言わないでよ。。」

千穂
千穂「では、お後が宜しいようですので、また次回(明日)更新も宜しくね♪」








varu20130412.png
ハルト「って僕の出番あれだけぇ!!??」



続く

※Expensive Noiseさん、おむ烈さんアイコンありがとうございました。大事に使わせて頂きます。

という訳でご挨拶。

初めまして、当ブログにおこし下さいまして誠にありがとうございます。

当人自体、約6年ぶりのブログ復帰なので生暖かい目で見守ってください。
内容的には、絵や雑記、駄文垂れ流しがメインになるかと思います。
まだまだ改装中の為、一時的な仮オープンの形を取っております。

そんなこんなで皆様これから宜しくお願い致します。
プロフィール
管理者アイコン

Author:あしがる3号(旧名:びりーぶ)
へたれ社会人偏った奴の日々雑記だったり、趣味のお話だったり、イラスト載せたりとかそんなブログです。

色々各所で名乗ってるH.Nは違います(ぇ

基本オタなので、そういう話が多いですが気晴らしに見て頂ければ幸いです。

※まだ改装中の為、仮オープン中ですの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
足跡
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。